小児矯正

床矯正

床矯正 最近の子供達は顎が小さく歯並びが乱れてることが多くなっています。
これは、虫歯で早期に乳歯がなくなるケースもありますが
食生活の変化も関係しています。
咬む回数の減少、固い物を咬むことが少なくなりやわらかい物を食べることが多くなることです。

歯並びの乱れを治すには、永久歯がはえそろった後より、乳歯の時は
永久歯2、3本はえてきた頃からの治療が適切です。(5~7歳)

必要により入れ歯のような装置をつけて治療していきます。



○「床矯正」とはどのような治療法なのでしょうか。

簡単にいえば『あごを広げて歯を並べる歯科矯正』です。
『歯は抜かず、歯が正しく並びきらない小さなあごを、正しい位置に歯が並ぶ大きさまで広げる』
方法です。

○ 歯列不正の原因は何ですか。


歯列不正は顎が小さいことが理由で起こりますが、顎が小さくなる理由として食事の欧米化が
考えられます。
食事の欧米化は固い物を食べる機会が少なくなり、咬む回数も少なくなり顎の発育不良を
引き起こします。
顎の骨というのは、咬む刺激により発育していくので、咬む回数が少なく、軟らかい食べ物では
刺激が少ないのです。
食事の仕方、内容は歯列不正の防止に関係してきます。
また、遺伝、悪い癖にも関係があります。
 
○床矯正はいつから始めたらいいですか。


5歳以上であればなるべく早い治療がいいでしょう。
保護者の方がお子さんの歯並びや口元の状態が「おかしいな」と感じられたとき、それが治療の
始めどきだと考えています。
乳歯がたくさんある時の方が早く終了します。
できれば永久歯の犬歯が生える前が良いでしょう。

○治療はどのように進められるのでしょうか。


床矯正に使用する装置は入れ歯の様なものです。
装置には“ねじ”が組み込まれていて、2日おきに“ねじ”を回していきます。
ねじを回すとプラスチックでできた床が動いて顎を広げる仕組みになっています

○床矯正のメリットとデメリットは何ですか。

メリット
1.ワイヤー矯正と比較すると治療費が安い。
2.取り外しが出来る為、歯みがきがしやすい。
(ワイヤー矯正は歯に装置が着いている為、歯みがきがすごく難しいです)
3.早期に治療を開始すればワイヤー矯正をしなくてすむ。

デメリット
1.装置を1日12時間以上つけていないと治療が進まない。
2.永久歯ばかりになると期間がかかる。
3.難症例には対応できない。

デンタルクリニックふじいについて

写真:大阪府 東大阪市 歯医者 歯科医院 デンタルクリニックふじい
〒577-0817
東大阪市近江堂3-14-16
TEL:06-6722-8241

患者様がお住まいの主なエリア

東大阪市近江堂、東大阪市友井、東大阪市南上小阪、東大阪市小若江、東大阪市新上小阪、東大阪市小阪本町、東大阪市金物町、東大阪市中小阪、東大阪市西上小阪、東大阪市下小阪、東大阪市上小阪、八尾市久宝園、八尾市美園町、八尾市末広町、八尾市宮町、八尾市新家町、八尾市楠根町、八尾市桂町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。


デンタルクリニックふじいの診療科目

  • 歯周病治療
  • 根管治療
  • 小児矯正
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • 口呼吸治療
初めて当院で受診される方へ
日曜診療を月2回行っています。
患者様の声
院長にメール相談